Ein Tagebuch.

編成関係の仕事、サブカルなどの話をします。

唐突に会社を辞めたくなる病気

初めに言っておく。

悪いのは会社でも転職サポートした人でもなく、私だ。

 

とある大企業に応募したらとんとん拍子で内定をいただいてしまい、昨年から勤めているが

通勤時間は片道1時間半以上

裁量労働制だから作業の終わり時が見えない

純化された作業を淡々と続ける

謎の会議で上司はほぼデスクにいない

謎の病欠が多発し、時にはそれがこちらに流れてくる

そんな日常に嫌気がさして、本格的に転職活動を始めてしまった…こんなはずではなかったのに。

誰にでも唐突に仕事を辞めたくなる時はあるのか

この問題はアンケートをとりたいくらい気になって仕方がない。自分だけに起きていることなのか、そうではないのか。

多い時は一日に3回くらい「あ、辞めよう」と心の中で決心をして、そっとトイレでスマホ片手に転職サイトをちら見する。これが3か月くらい続いているから、かなり重症だと思っている。

一種の病気かもしれないが、実際のところ何にも対策はしていない。

なんとなく出た結論

モヤモヤした思いを引きずって仕事をすると、あからさまな態度で出てしまうので、思い切って会社専属のお医者さんに相談してみた。

結果、少し分かったことは以下の4つ。

1:帰属意識が低い

2:今の仕事に満足してない

3:そもそも性格の問題

4:モチベーションの(一時的)な低下

今ある環境を手放すのは一瞬だけど、転職したらもう二度と帰って来られないかもしれない。それでも、一度きりの人生だから、後悔しないように決めてね。

最後に先生からそう言われたのが印象的だったが、「転職しよう」と一度決めてしまうと止まらない気がしてならない。(そして履歴書をバリバリ書くのであった)

 

うーん、どうしたものか。